< ディープ・パープル ゲッティン・タイター Deep Purple-'Gettin' Tighter'-1975:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ディープ・パープル ゲッティン・タイター Deep Purple-'Gettin' Tighter'-1975 [ディープパープル レインボウ]





メンバーチェンジによる不安を一掃した1974年の「紫の炎」( Burn )のシングル、アルバム両大ヒットと、それに続く同年発表の「嵐の使者」(Stormbringer)の好感触で、第三期ディープ・パープル盤石なりと思っていた当時のファンにとって、青天の霹靂だった!看板ギタリスト、リッチー・ブラックモアの脱退声明。

後任ギタリストにトミー・ボーリンが参加。1975年発表された、当時のディープ・パープルのラストアルバム「カム・テイスト・ザ・バンド」(Come Taste the Band)収録の、おそらくリッチー・ブラックモアが忌み嫌い、ボーカルのデヴィッド・カヴァデール、ボーカル&ベーシストのグレン・ヒューズが目指したかった、ファンクビートを取り入れたハードロックスタイルのソレだと思われる、「ゲッティン・タイター」(Gettin' Tighter)。

いきなりのファンキーなリズムギターは、当時のハードロックバンドとしては革新的な、ドゥービー・ブラザーズやファンク、クロスオーバーグループの常套手段のカッティングが心地良いわけですが、こういうサウンドをリッチーはやりたくなかったのでしょう。

1984年にレコードレビューした、ファンクとヒップホップを、パンク・ロックやハードロックなどと混ぜ合わせた、ミクスチャー・ロックと呼ばれるサウンドを提供したレッド・ホット・チリ・ペッパーズ以降のロックファンには、別段どうというサウンドではないように聴こえると思いますが、当時のハードロックファンには、ロックにとってブルースやR&Bは良いが、同じ黒人音楽でもソウルやファンクは「外様」のサウンドであり(このへんはリッチーと感覚は同じ)、又、ソウル、ファンク、クロスオーバーファン達は「あのハードロックのパープルが」何をやってんだ?みたいな冷淡な評価しか受けず、ツアーは日本含め各地で大盛況だったようですが評価はさんざんであり、脱退したリッチーのレインボウのようなサウンドをディープ・パープルに求めていたファン達は、アルバム「カム・テイスト・ザ・バンド」(Come Taste the Band)のサウンドを受け入れず、レコードセールスも低調。

ディープ・パープルは結局、解散してしまったわけであります(後に再結成しますが)。






nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。