< マギー・メイ - ロッド・スチュワート Maggie May - Rod Stewart:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

マギー・メイ - ロッド・スチュワート Maggie May - Rod Stewart [フェイセズ ロッドスチュワート]





まあ、矢沢永吉氏や西城秀樹氏のマイクスタンドアクションの、大元とでも言いましょうか?(笑)。

スコットランドのミュージシャン、ロッド・スチュワートの1971年の映像&音源。

このへんはディスコブーム時代、日本でも空前の大ヒットになった「アイムセクシー」と違い、古のロックファンしか認知度はないかもしれませんが、若き日のロッド・スチュワートにはとても重要な!ロッドの分岐点になった、ソロとしては3枚目になりますが、自身初の!英国とアメリカ両国でアルバム・チャート1位を果たし、英国では45週連続でチャート・インというロング・ヒットとなった傑作アルバム、1971年発表の『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』(Every Picture Tells a Story)の収録曲、「マギー・メイ」。

勿論、アルバムだけではなく、この「マギー・メイ」(Maggie May)も、英米両国のシングル・チャートで1位を獲得しており、世界的には大ヒット!した名曲で、ロッド・スチュワートとマーティン・クイッテントンによって書かれた、年上の女性との関係を歌ったソレで、ロッド自身の体験で書かれたとか?。そんな話し。



スティーヴ・マリオットがピーター・フランプトンと「ハンブル・パイ」を結成するためスモール・フェイセスを脱退し。残されたロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの三人にジェフ・ベック・グループからロッド・スチュワート(ジェフのニューバンド要請を断り)、ロン・ウッドが加わり結成されたフェイセズ。

で、そのフェイセズをやりながらソロ活動もしていたロッド・スチュワートと、リアルタイム日本のPYG(その後、井上尭之バンド)をやりながらソロ活動に入ったジュリー、沢田研二氏って、同じような事やってたんだな〜、なんて思ったりする当サイト、運営者であります。

この映像の頃、ロッド・スチュワート26才!。






ロッド・スチュワート


スーパースター・ストーリー~ザ・ベスト・オブ・ロッド・スチュワート~


ベスト・オブ・ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック

トラックバック(0) 

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。